サイエンス
アドバイザリーボード





サイエンス・アドバイザー

トレーシーK・ギブス




Dr.ステファン R ・サボ




Dr.ラナ ルイー A・ワニア-ガリシア




Dr.ジェイムスB・ベーカー



Dr.ティモシー・シュナイダー




トレーシーK・ギブス


チーフ・サイエンス・アドバイザー


トレーシーK・ギブスは数年におよび日本に滞在し、生薬学や有機化学、植物薬などについて、広範囲に渡り学び、名誉博士号を取得しました。彼は健康食品やパーソナルケアの業界において、数多くのスキンケアやサプリメントを考案してきました。また彼は発明家でもあり、酵素のデリバリーシステムに関する特許を持っています。今までに4冊の書籍を上梓し、世界中の大学および学校で教えてきました。また、マレーシア・ヘルスシンポジウムや韓国アンチエージング・アソシエーション、バイオテックチャイナ、国際アンチエージングおよび統合治療学会などの、世界的に有名なシンポジウムやカンファレンスにおいて講演を行って来ました。トレーシーはVASAYOの主任科学顧問です

トップに戻る


Dr.ステファン R ・
サボ



ステファン R ・サボ医師は、弊社の科学諮問委員会にメンバーに十分ふさわしい人物です。彼は医学の分野において広い経験があるだけでなく、教育者として長年指導してきました。現在、ニューヨーク州サフェーン市にある、グッドサマリタン病院の救急医療センターで、救急医療指導医として働いています。

サボ医師はシカゴ・メディカルスクールで医学を学んだ後、フランスで研究をつづけました。また、大学院を卒業後、ニューヨークにあるマウント・サイナイ医科大の救急医療で研修をしました。加えて、ニューヨークのベス・イスラエル・メディカルセンターにおいても。研修医として従事しています。

また、彼は米国内科医療協会試験の査読者、およびニュージャージー州バーゲンのノースウエスト・バージェン・リージョナル・ヘルスコミッションの理事を歴任してきました。サボ医師はニュージャージー州のアッパー・サドルリバー衛生局の副所長および所長を務めました。

医学の道に入る前、彼はマサチューセッツ州ウァルサムにあるブランディーズ大学において、文学士号を取得しています。

トップに戻る


Dr.ラナ ルイー A・ワニア-ガリシア



Dr.ラナ ルイー A・ワニア-ガリシアは現在、カリフォルニア州ムーアパーク市にあるアロヨ・ビスタ疼痛専門クリニックの医務部長を務めると同時に、道州サウザンドオークス市のカネホ疼痛医療グループの疼痛管理コンサルタントとして働いています。ワニア-ガリシア医師は故郷のフィリピンにあるサントス・トマス大学において、生物学の学士号、および医学士の学位を取得しました。

ワニア-ガリシア医師は、彼女の業績に対して、様々な賞を受賞しています。南加フィリピン・アメリカ協会の“Excellence in Medicine and Outreach”賞、フィリピンチルドレンチャリティーの最優秀フィリピン系アメリカ人、カリフォルニア大学デービス校の最優秀教師賞などがその一例です。彼女の論文は数種の医療系ジャーナルで発表されており、専門分野においてアメリカ国内で講演を行っています。

ワニア-ガリシア医師は米麻酔学会、米比UST医療同門会、米疼痛財団などの様々な市民組織や専門組織で、活発に活動しています。

トップに戻る


Dr.ジェイムスB・
ベーカー



ジェイムスB・ベーカーは現在、北西アーカンソーリハビリ専門病院のメディカル・エグゼクティブスタッフの会長および共同メディカルディレクターとして従事しています。また彼は米整骨医療協会や米整骨内科専門協会などのメンバーです。

ベーカー医師はオクラホマ州立大学タルサにおいて、オステオパシー学の学位を取得しました。また、アーカンソー州のヘンダーソン州立大学より、科学の学士号を取りました。

ベーカー医師の経歴において、様々な賞を獲得しました。オクラホマ州立大学のオステオパシー学科の、“Dean’s Award of Academic Excellence” および“Paul Mooney, Most Outstanding Research”賞などはその一部です。また彼は、オクラホマ州指導教授理事会より最優秀卒業生全米優秀内科医の称号などを授与されています。

トップに戻る


Dr.ティモシー・シュナイダー



Dr.ティモシー・シュナイダーは現在、フロリダ州のジャクソンビルビーチ市でシュナイダー眼科・ウェルネスセンターでメディカルデイレクターとして従事しています。ミネソタ州ロチェスター市にあるメイヨ医学に出席し、世界的に有名なメリーランド州のバルティモア市にあるジョンズ・ホプキン病院ウィルマー眼科研究所にて眼科医を取得しました。この二校は世界において最も優れたメディカル研究所として知られています。ミネソタ・アイ・コンサルタントとのフェローシップ・トレーニングを終えたDr.シュナイダーは、個人開業するまでジャクソンビル・メイヨークリニックで従事しました。

Dr.シュナイダーは、レーシック、白内障手術、緑内障治療のフェローシップ・トレーニングに加えて、糖尿病性網膜症、加齢性黄斑変性症(AMD)、包括的かつ諮問的な眼科学、および屈折などの総合的な眼科治療の専門知識を有しています

Dr.シュナイダーは、レーシック、白内障手術、緑内障治療のフェローシップトレーニングに加えて、糖尿病性網膜症、加齢性黄斑変性症(AMD)、包括的かつ諮問的な眼科学、および屈折などの総合的な眼科治療の専門知識を有しています。彼はレーシックを行う米国で最初の9人の外科医の1人であり、LASIKにおいて認定されたフロリダ州北東における唯一の外科医です。Dr.シュナイダー博士は屈折矯正手術の研究に参加し、最新技術を使い、国内外では講演を行っています

Dr.シュナイダーは、レーシック、白内障手術、緑内障治療のフェローシップ・トレーニングに加えて、糖尿病性網膜症、加齢性黄斑変性症(AMD)、包括的かつ諮問的な眼科学、および屈折などの総合的な眼科治療の専門知識を有しています

Dr.シュナイダーは、レーシック、白内障手術、緑内障治療のフェローシップトレーニングに加えて、糖尿病性網膜症、加齢性黄斑変性症(AMD)、包括的かつ諮問的な眼科学、および屈折などの総合的な眼科治療の専門知識を有しています。彼はレーシックを行う米国で最初の9人の外科医の1人であり、LASIKにおいて認定されたフロリダ州北東における唯一の外科医です。Dr.シュナイダー博士は屈折矯正手術の研究に参加し、最新技術を使い、国内外では講演を行っています

トップに戻る