;
VASAYOのサイエンティフィック・アドバイザリーボードの使命は、“総合的な健康教育を通して生活の質を改善し、最先端の科学を駆使した栄養補助食品を提供する。これらの二つの使命により、個々が賢明なライフスタイルの選択ができ、最適な健康に向け前進することができる。”ことです

Dr. Dan
Gubler

Chief Scientific Advisor

Dr. Stephen R. Sabo

Dr. Stephen R.
Sabo

MD

Dr. Lana Louie A. Wania-Galicia

Dr. Lana Louie A.
Wania-Galicia

MD

Dr. James B. Baker

Dr. James B.
Baker

DO, FACOI

Dr. Timothy Schneider

Dr. Timothy
Schneider

MD

Dr. June M. Cook

Dr. June M.
Cook

MD, MPH

Dr. Jessica Bordon

Dr. Jessica
Bordon

DPM, PA

Dr. Naoko
Yoshimura

MD

Dr. Dan Gubler

チーフ・サイエンティフィック・アドバイザー

構築する新たな起業家の成功を大いに応援することに賛同しています。

ガブラー博士は、カリフォルニア工科大学で自然食品化学を学び、同大学の元教授で世界各地を周り生物活性物質の発見と研究を重ね、たくさんの人々のために貢献してきました。博士は自然界の植物を分子レベルで理解し、人間の健康を劇的に改善する成分の研究を専門としています。ガブラー博士は現在16の出願されたまたは認可された特許を持ち、70以上もの栄養補助食品を開発し、500億円もの収益をもたらしています。

博士曰く、”私自身Vasayoの一ユーザーとして、科学に基づきアドバンス・デリバリー・テクノロジーを用いて開発された商品に恩恵を受けています。Vasayo創設者のビジネスビジョンとリーダーシップ、またVasayoサイエンスチームの知恵と信頼性は他に例を見ない顔ぶれだと心得ます。この度このVasayoの仲間の一員として、健康とその促進のための名誉ある部署に迎え入れていただき大変光栄であり、Vasayoは未来の栄養学を担う先駆けと確信しております。”

ガブラー博士はこれまで、DSビジョナリーアワード、シェリング・プラウ・サイエンス・イノベーション・アワード、アメリカ癌学会フェローシップ、エリ・リリー・フェローシップ、ブリガムヤング大学ハワイキャンパスベスト教育賞などで認められています。博士は、さらに、ロンドンスピーカー局にも招かれ、これまで40か国以上で150以上のイベントで講演し、多くは6万人もの聴衆を集めました。ガブラー博士は、”ダン先生とディスカバリー:健康予防ポッドキャスト”というポッドキャストの創設者であり、そのホストを務めており、栄養に関するポッドキャストにおいて世界のトップ50にランクインしているほどです。博士はコロラド州立大学の有機化学博士号、ブリガム大学のバイオケミストリーの学位を習得しています。

Vasayoの創設者でCEOのダニエル ピカウは、ガブラー博士をVasayoにお迎えできることに大変感激しています。博士は常に科学の研究の第一線にいる方であり、システム販売による人から人へのつながりで

Back to top

Dr. Stephen R. Sabo

MD | Vasayo サイエンティフィック・アドバイザリーボード・メンバー

ステファン R ・サボ医師は、弊社の科学諮問委員会にメンバーに十分ふさわしい人物です。彼は医学の分野において広い経験があるだけでなく、教育者として長年指導してきました。現在、ニューヨーク州サフェーン市にある、グッドサマリタン病院の救急医療センターで、救急医療指導医として働いています。

サボ医師はシカゴ・メディカルスクールで医学を学んだ後、フランスで研究をつづけました。また、大学院を卒業後、ニューヨークにあるマウント・サイナイ医科大の救急医療で研修をしました。加えて、ニューヨークのベス・イスラエル・メディカルセンターにおいても。研修医として従事しています。 また、彼は米国内科医療協会試験の査読者、およびニュージャージー州バーゲンのノースウエスト・バージェン・リージョナル・ヘルスコミッションの理事を歴任してきました。サボ医師はニュージャージー州のアッパー・サドルリバー衛生局の副所長および所長を務めました。 医学の道に入る前、彼はマサチューセッツ州ウァルサムにあるブランディーズ大学において、文学士号を取得しています。

Back to top

Dr. Lana Louie A. Wania-Galicia

MD | Vasayo サイエンティフィック・アドバイザリーボード・メンバー

Dr.ラナ ルイー A・ワニア-ガリシアは現在、カリフォルニア州ムーアパーク市にあるアロヨ・ビスタ疼痛専門クリニックの医務部長を務めると同時に、道州サウザンドオークス市のカネホ疼痛医療グループの疼痛管理コンサルタントとして働いています。ワニア-ガリシア医師は故郷のフィリピンにあるサントス・トマス大学において、生物学の学士号、および医学士の学位を取得しました。

ワニア-ガリシア医師は、彼女の業績に対して、様々な賞を受賞しています。南加フィリピン・アメリカ協会の“Excellence in Medicine and Outreach”賞、フィリピンチルドレンチャリティーの最優秀フィリピン系アメリカ人、カリフォルニア大学デービス校の最優秀教師賞などがその一例です。彼女の論文は数種の医療系ジャーナルで発表されており、専門分野においてアメリカ国内で講演を行っています。 ワニア-ガリシア医師は米麻酔学会、米比UST医療同門会、米疼痛財団などの様々な市民組織や専門組織で、活発に活動しています。 ワニア・ガリシア博士は、母国フィリピンのサントトーマス大学で医学博士号と生物学の理学士号を取得しています。

Back to top

Dr. James B. Baker

DO, FACOI | Vasayo サイエンティフィック・アドバイザリーボード・メンバー

ジェイムスB・ベーカーは現在、北西アーカンソーリハビリ専門病院のメディカル・エグゼクティブスタッフの会長および共同メディカルディレクターとして従事しています。また彼は米整骨医療協会や米整骨内科専門協会などのメンバーです。 ベーカー医師はオクラホマ州立大学タルサにおいて、オステオパシー学の学位を取得しました。また、アーカンソー州のヘンダーソン州立大学より、科学の学士号を取りました。

ベーカー医師の経歴において、様々な賞を獲得しました。オクラホマ州立大学のオステオパシー学科の、“Dean’s Award of Academic Excellence” および“Paul Mooney, Most Outstanding Research”賞などはその一部です。また彼は、オクラホマ州指導教授理事会より”最優秀卒業生”と”全米優秀内科医”の称号などを授与されています。 ベイカー博士は、オクラホマ州立大学-オクラホマ州タルサのオステオパシー医学および外科大学でオステオパシー医学の博士号を取得しました。 それ以前は、アーカンソー州のヘンダーソン州立大学で化学の理学士号を取得しています。

Back to top

Dr. Timothy Schneider

MD | Vasayo サイエンティフィック・アドバイザリーボード・メンバー

Dr.ティモシー・シュナイダーは現在、フロリダ州のジャクソンビルビーチ市でシュナイダー眼科・ウェルネスセンターでメディカルデイレクターとして従事しています。ミネソタ州ロチェスター市にあるメイヨ医学に出席し、世界的に有名なメリーランド州のバルティモア市にあるジョンズ・ホプキン病院ウィルマー眼科研究所にて眼科医を取得しました。この二校は世界において最も優れたメディカル研究所として知られています。ミネソタ・アイ・コンサルタントとのフェローシップ・トレーニングを終えたDr.シュナイダーは、個人開業するまでジャクソンビル・メイヨークリニックで従事しました。

Dr.シュナイダーは、レーシック、白内障手術、緑内障治療のフェローシップ・トレーニングに加えて、糖尿病性網膜症、加齢性黄斑変性症(AMD)、包括的かつ諮問的な眼科学、および屈折などの総合的な眼科治療の専門知識を有しています Dr.シュナイダーは、レーシック、白内障手術、緑内障治療のフェローシップトレーニングに加えて、糖尿病性網膜症、加齢性黄斑変性症(AMD)、包括的かつ諮問的な眼科学、および屈折などの総合的な眼科治療の専門知識を有しています。彼はレーシックを行う米国で最初の9人の外科医の1人であり、LASIKにおいて認定されたフロリダ州北東における唯一の外科医です。Dr.シュナイダー博士は屈折矯正手術の研究に参加し、最新技術を使い、国内外では講演を行っています

Back to top

Dr. June M. Cook

MD, MPH | Vasayo サイエンティフィック・アドバイザリーボード・メンバー

ジューン・M・クック博士は、空軍の現役、警備隊、予備役の上級医療アナリストおよび上訴医療機関を務めています。 この立場で、彼女は50万人の空軍メンバーに影響を与える政策に影響を与えています。 彼女の並外れたキャリアの中で、クック博士は46の予備医療ユニットで医療業務を担当し、7つのクリニックの医療ディレクターを務め、7つの緊急医療および産業医学クリニックと2つのヘルス&ウェルネスセンターを管理してきました。 2015年は、117名を超えるメンバーの代理飛行隊司令官として、また第927航空医療飛行隊の航空医官として任命されました。

クック博士は、サウスフロリダ大学の熱帯公衆衛生と伝染病の修士号に加えて、インディアナ大学で2つの学士号(心理学と生物学)と医学博士号を取得しています。 彼女はまた、家庭医療、航空宇宙医学、公衆衛生および一般予防医学の理事会認定を受けています。

Back to top

Dr. Jessica Bordon

DPM, PA | Vasayo サイエンティフィック・アドバイザリーボード・メンバー

ジェシカ・ボードン博士は、足と足首の病気の予防、診断、治療を専門とする足病医です。 American Podiatric Medical AssociationとAmericanCollege of Foot and Ankle Surgeonsの両方のメンバーであるボードン博士は、特にスポーツ医学による怪我の治療に励み、人々の総合的な健康と個々の環境を改善することに情熱を注いでいます。 彼女の望みは、患者が痛みをなくし、体重を減らし、気分が改善され、最適な健康状態を達成できるような様々なサービスを患者に提供できるようにすることです。 テキサス州ニューブラウンフェルズで2020年のトップ足病医賞を受賞したボードン博士は、ナチュラルケアにおける最高品質の製品とサービスに関する専門知識でコミュニティで高評価を確立し、医療および健康とウェルネスの専門家から定期的に相談を受けています。

ボードン博士は、2000年にテキサスA&Mを卒業し、2006年にテンプル大学足病医学部を卒業しました。

Back to top

Dr. Naoko Yoshimura

MD | Vasayo サイエンティフィック・アドバイザリーボード・メンバー

吉村尚子博士は、伝統医療や代替医療を通じて人々の自然治癒力を高めることを楽しんでいます。 吉村博士は、日本の四国島にある高知県の高知医科大学を卒業し、1997年に医学博士号を取得する前に、同校の放射線科に勤務しました。彼女は、アタゴ病院、トナン病院、久病院で内科とリハビリテーションを実践し、栄養支援チームのメンバーを務めました。 2010年より吉村博士は医療株式会社四光会新本町クリニックの院長を務めています。 彼女はVasayo製品とテニスが大好きです。

Back to top